リクナビNEXT [累計約30万人の転職を実現]

登録するメリット
  • 日本最大級の会員数を誇る転職サイト
  • 求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広い
  • 大手リクルートが運営しているから安心

Good!
中高年からの転職は難しいと妻も諦めていたようだが、リクナビNEXTは50代でも活躍できる求人が他のサイトよりも多く一番活用させてもらいました。スカウトサービスも利用させてもらいましたが、最終的には自分で検索した企業に決まりました。
子育ても一段落して仕事に集中できる状況になり、今までの仕事が物足りなく感じた時、何気にネットで求人を探してリクナビNEXTに辿り着きました。意外と40代女性でも責任のある仕事に就けるんだということが分かって本格的に転職活動をはじめました。
コンピューターが苦手なもので最初はちょっとしたことも難しく感じた。しかし仕事を探したい一心で覚えどうにか扱えるようになった。時間はかかったがリクナビNEXTに登録して仕事も見つかりコンピューターへの恐怖心も解け良かった。
normal!
リクナビNEXTは他求人紹介よりも中高年の求人案件は多い。私でも応募できる求人も多く期待してスカウトサービスにも登録した。しかし、殆どのスカウトメールは誰彼構わず送られるオープンオファーばかりで、私の経歴に則しスカウトされるプライベートオファーは割合的に非常に少なかった。年齢的に仕方ないのかもしれないが。
マイページには自分がどれだけ転職活動をしているか一目で分かるパーソナルダッシュボードがあり、それを参考に出来るだけ多くの求人に応募するよう心掛けていましたが、なかなか私が応募出来るような求人が少なく焦ることが多かったです。ただ他の優秀な中高年の方なら宜しいのではないでしょうか。

リクルートエージェント[顧客満足度1位を達成!]

登録するメリット
  • プロによる個別サポート
  • 数万の非公開求人を保有
  • こちらも大手リクルートが運営

Good!
最初はハローワークで転職活動を行っていましたが、求人情報には男女雇用機会均等法の制定で、性別や年齢が記載されていません。そのためハローワークの求人票には年齢不問と書かれていて、問い合わせると年齢を伝えた時点で断られます。その点ではリクルートエージェントの場合は、中高年でも応募できる求人案件しか紹介されないので、たとえ書類が通過しなくても納得はできます。
他の転職エージェントで仕事を探していましたが、なかなか決まらなくて焦っていました。そこでエージェントをリクルートエージェントに変えて面談に臨んだところ、職種をあまり絞り込まないでたくさんの求人に応募しないと、中高年の転職はむつかしいとキャリアアドバイザーの方にアドバイスされました。それからいろいろな職種の応募にチャレンジをしたら、何社か書類審査も合格し面接まで辿りつけました。
あまり英語は得意ではありませんがリクルートエージェントの担当者から、外資系の会社の求人がありますと連絡がありました。応募条件を調べるとTOEICスコアが700点以上とあり、これはクリアしていました。しかし外資系の会社に応募するにしても英文で、面接も英語と記載されていました。そこで担当者に連絡を取ると、英文での書類の書き方をレクチャーしてくれました。まだ結果は来ていませんが、担当者に少し感動しました。
normal!
リクルートエージェントの面談で暗に年齢とこの経歴では、転職活動は苦労すると言われました。そして少しでも応募の幅を広げた方が良いとも言われ、全く希望しないような職種の求人情報まで送ってきました。こちらの希望や感情を無視したような対応には、首を捻るしかありません。

中高年が転職活動をする上での2つのポイント

中高年になると、ある程度経験を積んで、自分にも自信が出てくると転職を考えるのは自然なことといえるでしょう。現在の職場に不満がある、あるいは魅力的な会社を見つけたというのも転職の契機としては十分に可能性があると言えます。

ただし、若い世代とは異なり、そもそも求人数自体が少ないのはデメリットといえるでしょう。ですから、中高年で転職活動をしたいと思うのであれば「情報収集」と「転職への準備」がポイントなります。


「情報収集」というのは、自分が転職したい会社の理想像や、会社に求める条件を具体的に想像することです。転職情報サイトなどで求人を探すよりは、いくつかの会社に候補を絞って、求人がないかチェックする作業のほうが効率的なのです。ですから、自分が働きたいと思う会社のイメージ、そのイメージに合致する会社を見つけるために、雑誌やインターネット、友人などとの談話を通して情報を集めることが必要になるわけです。情報はあればあるほど判断材料となりますし、自分で判断をする際にはこうした材料が多い方が見極めるのも用意ですし、正しい判別をすることができます。
<関連記事>
おすすめの転職サイトの概要

「転職の準備」というのは、いつ求人情報を見かけても動けるようにしておくということです。求人情報を見てから志望動機や自己PRを考えるのは遅すぎると言ってもよいでしょう。あらかじめ準備しておけば、精度の高い文章でアピールすることもできますし、少々想定外な質問をされても、対応に困る確率が格段に少なくなります。中高年は、社会人でいえば最も脂が乗っている時期とも言えます。企業としても募集したい気持ちが強いですし、逆に言えばライバルが多いということでもあります。それを意識しておくことも大切だといえるでしょう。
<関連記事>
成功への道
転職相談室

特集一覧

特集1 中高年転職相談室では転職時によくある質問をまとめてお答えするコーナーです。

転職相談室

特集2 中高年転職に役たつ資格をご説明します。職業によって資格の種類が違ってきます。

転職に役たつ資格

特集3 中高年転職成功への道。STEP1~STEP5まで効率よく転職の手順をご説明します。

転職成功への道

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.